【大学生向け】オーストラリア・ワーホリでの英文履歴書(レジュメ)書き方【例文付き】

こんにちは。オーストラリア・パースでワーキングホリデー中のKoheiです。

ワーホリ最初の難関である仕事探しですが、その際に重要なのが履歴書です。しかし、多くの人は英文履歴書を書いたことがないと思います。

何を書いたら良いのか、どんな形式で書くべきか悩みますよね。そこで今回は自分が実際に配ったレジュメや、勤務先に他の求職者から配られるレジュメを参考に、仕事をゲットするためのレジュメの書き方をまとめます。

たかがアルバイトのレジュメとは思ってはいけない! ワーホリ・レジュメ作成の前に知っておくべきこと

日本のアルバイト探しでは、面接時に履歴書(レジュメ)を持参して後日採用の連絡を待つ流れが一般的ですが、オーストラリアでは全く異なります。気になる職場を見つけたら、まずレジュメを配ったりメールに添付したりして、面接の連絡を待ちます。

日本では不採用時も連絡が来ることがほとんどですが、オーストラリアでは不採用通知はまずありません。つまり、魅力のないレジュメでは面接にすらたどり着けず永遠に無視されるということです。

たかがアルバイトのレジュメと、舐めてはいけないのがワーホリでのレジュメなのです。気合を入れて作りましょう。

といっても、難しく考える必要はありません。下記のポイントさえ押さえれば高確率で担当者に読んでもらえるレジュメになりますので、チェックしていきましょう。

高確率で読んでもらえるレジュメのポイント

・自分は何者なのか
・個人情報

・勤務経験
・仕事で活かせるスキル

・自分は「何者」なのか?

いきなり見知らぬ外国人がレジュメを置いていくわけですから、きちんと自己紹介を書く必要があります。もちろん店員側も慣れているので仕事を探しているのはわかりますが、レジュメは必ず自己紹介からはじめましょう。

まずは名前は強調して書くべし

まずは大きく自分の名前を記入します。そして「仕事探してます」の一言も大きく。

オーストラリアではこの形式が一般的です。強調したい部分はフォントサイズを大きくしたり赤字にすると良いです。読んでいて目が痛くなりますが気にしない!

ウェイターとキッチンスタッフを両方雇っているカフェなどでは「どんな仕事でもやります!」と意気込みを書いておきましょう。

ウェイターとキッチンどちらもできるスタッフがいると営業中助かるのはもちろん、他のスタッフが休みを取りやすくなるので店側には印象が良いです。

 

写真は貼るべき?

写真は貼っても貼らなくても良いですが、海外の求職者は貼っている人が大半です。レジュメを受け取った人が担当者でないときやインターネットからの申し込みのときは印象づけるのに一役買うと思います。

実際に私の勤務先の担当者は顔が良い人は毎回マークしていますね。(笑)もちろん実際に雇ったのは経験のある別の人でしたが。

また、写真を貼る場合は間違ってもリクルートスーツの証明写真を貼らないでください.

オーストラリアでは「いつもの写真」をレジュメに使います。旅行中の楽しそうな写真が多いですね。笑顔が写った印象の良いものを選ぶと良いでしょう。

次に書くべきは連絡先

極力名前の付近に記入するのがベターです。オーストラリアの携帯番号、メールアドレス、住所を記入します。オーストラリアの番号を持っていないと仕事探しはかなり厳しいので携帯はゲットしておきましょう。

面接や採用通知などの連絡は基本的に電話やショートメッセージで行います。慣れない番号だと思いますが、間違えて記入すると永遠に仕事が見つからないので注意。住所はバックパッカーズや友達の家など仮住まいの住所でも問題ありません。

以下が私の例です。

モレなくウソなく! オーストラリア・ワーホリでの個人情報の書き方

さて、ここまではどのレジュメもほぼ同じ内容ですが、このあたりから違いが出てくるところなので担当者が注目して読むところです。

書くべきことは

・生年月日(※日/月/年の順です)
・性別

・国籍
・ビザの種類&有効期限

・いつから働けるか

です。

ワーキングホリデーで取得できるビザの種類は、「ワーキングホリデービザ」です。仕事探しにおいてワーホリビザは非常に弱いです。つい最近までワーホリは同じ雇用主の元で6ヵ月しか働けないルールがあったため、ワーホリ=すぐ辞めるという認識が強いです。

現在は改正され1年間働くことができますが、やはり現地人や永住権所有者が優遇されるのは間違いないです。こればかりはどうにもなりませんので認識しておきましょう。

「いま募集してるけど、ワーホリだよね?」と聞かれることは結構あります。ですが、それは「1年未満しか働けないよね?」という意味なので「働けるのは1年だけど、即戦力になれる自信はある」旨を伝えるとトライアルに進めるかもしれません。

もし「ワーホリです」とだけ答えたら雇ってもらえないことも多いでしょう。

また「今すぐ働ける」ことはアピールポイントなので記入しておきましょう。ワーホリで働いている人が多いぶん、すぐに仕事をやめる人も多いので、緊急で人が欲しいという店は多いです。

ワーホリで、レジュメを見るオーナーが1番気になる部分。それは「経験」

オーナーの元に、求職者からの大量のレジュメがある場合には、まず経験を見て選びます。オーストラリアは「超」経験主義。日本のように未経験歓迎! というのは一般の仕事にはほぼないでしょう。

もし日本での仕事やアルバイトの経験があれば全部書いてください。

以下が私の例です。

私の場合はあわよくばシェフをやりたかったので、あえてkitchenと表記しましたが、厨房経験はキッチンハンドなのか、シェフなのかはっきりさせたほうが良いでしょう。1年しか働けないワーホリにシェフを任せてくれるレストランは多くないからです。

関係業界での経験が3年あればまず優遇されます。半年ほどでも経験として見てもらえるので書けるものは書いておくこと。

キッチンハンドやハウスキーパーなどの比較的見つけやすい仕事であれば、半年ほどの経験で十分可能性があります。シェフなどを目指す場合は1年以上の経験に加えて、実際に担当していたポジションや作っていた料理などを記入すると良いでしょう。

面接がある場合は詳しく聞かれますが、ほとんどの店は面接がなくトライアルに入るので、レジュメに書いておきましょう。

先述の通りワーホリは1年未満しか働けないのでじっくり教育してもらえません。はじめからある程度働けてすぐに馴染める人間が求められますので、そういった事情を意識しながら経験を書きましょう。

特に、まだ出国までに時間がある人は関係する業務をアルバイトやインターンなどを通して経験しておくとスムーズに仕事が見つかると思います。

意外にも求められるのは忍耐力? オーストラリア・ワーホリでのスキル欄の書き方

さて、レジュメの余白も残り少なくなってきました。最後に自分のスキルを詰め込みます。

書くべき内容は

・学歴
・語学力

・忍耐力
・人柄

についてです。

順番に見ていきましょう。

学歴は最終学歴や専攻を記入します。日本の就職活動のように学歴フィルターがあるわけではありませんが、専攻などで担当者と盛り上がったりします。余白が少なければカットしても可。

語学力は日本語と英語、他に話せる言語があればそれも書きます。レベルはTOEICやTOEFLではなく語学学校のクラスのレベルで記入するのが一般的。

TOEIC換算すると、

600点未満→intermediate(中級)

600-800点前後→pre-advanced(中上級)

800点以上→advanced(上級)

ですが、600以上はまとめてupperと表現することもあります。

600未満にはelementary(初級)やpre-intermediate(準中級)などもありますが

自信がなくてもintermediateより下には書かないほうが良いでしょう。語学力は後日行われるトライアル(実際に数時間働く試験)で見られるのでレジュメには堂々と書いてください。

また、IELTSのスコアを持っていたら記入しましょう。オーストラリアでは永住権の獲得条件などにIELTSが使われるため、英語力を計る際はIELTSを基準にすることが多いからです。

さて、先述の通り店側は新しいスタッフにすぐやめられると困ってしまいます。ですから、前職を長く続けていたり、長く続けている趣味があったりすると安心して雇えます。私の場合は15年間サッカーをしていたことで継続できる忍耐力と体力をアピールしました。

何か継続して続けたことなど、アピールできる経験があれば書いておくと良いです。

最後に人柄ですが、当然ながら熱心に働く人が求められています。

自分の性格に加えて、熱心に働きますと一言添えておきましょう。

まとめ

これでレジュメは完成です。

オーストラリアでの仕事探しは運が必要ですが、やはりレジュメに不備があるとうまくいかなくなるものです。自分なりのベストなレジュメを用意して「これでダメなら仕方がない」という気持ちで配りましょう!

たくさんの国から人々がやってくるオーストラリア。様々な価値観が入り交る中での仕事は刺激的でとても楽しいですよ! ぜひ素敵なレジュメを作ってやりたい仕事をゲットしてください。