【書評】大学生が「多動力」を身につけたいのなら休学しろ

こんにちは、休学ラボのハジメです
今回は、堀江貴文さんの「多動力」という言う本を読んで思ったことを記事にまとめていこうと思います。

まず一言で言うと、この記事のタイトルにもあるように「大学生が多動力を身につけるためには休学するのが一番」なのではないかなと思いました。

その理由はこの本によれば多動力と言うのは「飽きっぽくて、やりたいことを何よりも優先してやっていく能力」と語られていて、まさにそれを行うための時間が大学生にとっては「休学」なのではないかと思ったからです。

休学は見切り発車で良い

堀江さんの著書にはこう書いてあります。

「準備にかける時間は無駄である、見切り発車でよい。すぐに始めてしまって走りながら考えよう。」

この言葉は休学をしようか悩んでいる人に届いてほしい言葉です。というのも実際、休学を考えてためらってしまっている人は頭デッカチになりがちです。

「休学したら就活に悪い影響あるかな」、「休学したら友達に変な目で見られるかも」「休学したらダメだ」とこんなものは全く気にする必要がありません。

じつは意外とあなたのことなんて誰も見ていません。仲の良い先輩も、友人も。みんなあなたの人生には無責任なんです。だからみんな適当に、ろくに調べもせずにこういうわけです。「休学したら就活に響くかもよ」などと。

僕はあなたの友人や先輩、ご両親よりも「休学」について絶対に知っている自信があります。

だから「休学」を勧めているのです。少しでも今の人生を変えたい、このままじゃまずいんじゃないかと感じているのであれば、その何も知らないあなたの友人の言うことは話半分に聞いておいて休学をしてしまいしょう。

他にも見切り発車で良い理由があります。

それは「休学に計画、目的なんて決めなくても少しでも心に何かかんじるところがあったら休学してしまうべき」というものです。

実際休学をするにあたって、「何か大層な目的がないと、、」とか「意識高い目的がないとだめなのでは」と思う人がいるかもしれませんが、絶対にそんなことはありません。

基本的にどんな理由であれ、大学は休学させてくれるはずですし、無理矢理にでもしようと思えば絶対にできます。

しかも、休学後は毎日が夏休みみたいなものです。自分の将来について考える時間が十分にあるので、1週間何もしないでスマホも触らず、本も読まず、人ともかかわらずに、自分との自問自答をしてみるというのも良い思います。

そしたら、自分なりの答えを見つけることができるかもしれませんし、何かにチャレンジしてみようという気が起きるかもしれません。ですので、この文章を読んでいるあなたが少しでも感じるものがあれば休学がおすすめです

うまくかなかったらどうするのか?などという心配をしていたら計画が実を結ぶことは永遠にない。大事なことは見切り発車でも良いからやってみることだ。やりたいとおもったら今すぐやってしまおう。

「一つのことにサルのようにハマれ」る時間が休学

ホリエモンさんはこうも語っています。

「ハマることも才能だ」まずは徹底的に一つのことにハマってみよう。バランスなんて考えずに偏って極端に。

これぞ、休学中に意識することのいちばん重要なポイントだと思います。

休学中には自分のしたいことが死ぬほどサルのようにハマることができる時間が豊富にあり、1年という膨大な時間を使って自分の好きなことに費やすことができるのです。

これは、自分の気になること、好きなことに費やすのにはもってこいの時間ですし、学生のままという特権付き。

ゲームだって、英語の勉強だって世界一周だってなんだって良いです。ひとまず自分のやりたいことにサルのようにハマってみましょう。

本書にも書いてありましたが、多くの人が自分のやりたいことに鈍感になってきてしまっているような気がします。

僕らは小学校中学校、高校と、我慢し続けてやりたいことをやらない教育しか受けて来ませんでした。だから、自分がなにが好きで何が嫌いなのかわからなくなってしまってきているのです。

そう考えると、どんな小さなことでもいいので自分の「これ好き!」という感情を発見し、それを大事にしてみましょう。

ツイッターが大好きだったらツイッターを1日中やるべきだし、本をよむのが好きなら本を読みましょう。旅行が好きだったら旅行に。まずは、自分の気になることから初めてみることが一番大事なことです。

現に僕は、ツイッターやインターネットが大好きなので、今はこうやってブログを書いたり、記事を書いたり、ツイッターで日々自分の意見を発信しています。

最初は僕も何が自分のやりたいことなんて全くわかりませんでしたが、休学中に、気になっていたWEBマーケティングをやるためにWEBマーケティングインターンとして働き始めてみから、WEBメディアに興味を持ち始め、今ではWEBメディアの運営にハマっています。

そして、今のところ今後はWEB業界に行こうと考えていますし、自分の好きなことは「インターネット」だと胸を張って言うことができます笑。

バランスなんて考えなくていい。やりたいことを飽きるまでやろう。それができるのが休学という時間。

「休学」をすれば君の市場価値は100倍にもなり得る

ホリエモンさんは本書の中でこのようなこともおっしゃっていました。

「2つの肩書を持つことができれば、自身の価値は1万倍になる」

これは一つのことに1万時間以上取り組むことができれば誰でも100人に1人の人材になることができるという元リクルートの藤原和博さんという方が唱えている「レアカードになる方法」というところから引用されています。

1つの分野において1万時間努力して100人に1人の人材になり、その分野を2つ持つことによって100×100で1万人に1人の人材になることができるというものです。

この考えに基づいて考えると、休学の1年間では1万時間を費やすことはできないので100人に1人の人材になるのは難しいかもしれません。

ですが、もし1年間の休学をすれば、1日15時間集中して1つのことを行い15×350日で約5000時間のコミットをすることができます。(語学学校サウスピークには1日15時間の勉強をする生徒もいます)

もし、1日10時間のコミットでも3500時間あれば十分他の何もやっていない大学生とは差をつけることができるでしょうし、1万時間取れなかったとしても大体50人に1人くらいにはなれるのではないでしょうか。

2年間の休学をすることができる余裕のある人ならば、1万時間取ることができます。そうしたら大学生の間に100人に1人の人材になれるでしょう。

何もできなかったノースキル大学生が、休学後には100人に1人の人材になって帰ってこれるんです。夢があるとは思いませんか?

学生のまま市場価値の高い人材になることができる「休学」は大学生の間にしかできません。今アクションを起こしましょう。

休学は今後一般化していく

今回多動力という観点から休学のススメについて書いてきましたが、今後休学をする人数はどんどん増えていくことは間違いないでしょう。

今は社会に実際にでてすでにある程度実績を持つ大学生が求められているからです。

【参考記事】年々増加する休学者の数について調べました。
国公立大学の生徒の7人に1人が休学経験者!?年々増える大学生の休学について調査しました

なぜなら、近年「転職」というのが一般化していくに連れて、リクルートやYahooが新卒一括採用をやめ「新卒」という肩書に価値がなくなってきています。

そして、実際就活の際には中途採用の社会人と同じテーブルに新卒学生が並ばされて、企業が取りたいのはどちらの人材でしょうか。もちろんすでに実績を積んでいる中途採用の人材を採りたいに決まっていますよね。

そのようなことを考えたときに、休学して「留学+海外インターン」などをして実績を積むのが今後一般化していくのは間違いないと思います。

時代は変わっていきます。これを読んでいるあなたもその流れに乗らない手はありません。Just do it !!です。

新・新卒採用|リクルートライフスタイル
リクルートは新卒一括採用をやめ、27歳までを新卒として扱い365日通年エントリ可能になりました

ヤフー、新卒一括採用を廃止 30歳未満は通年

まとめ

大学生活は案外忙しいものです。サークル活動だったり、アルバイト、友達との飲み会などなど。

ですが、これらは本当にあなたの今後なりたいもの、将来につながっていますか?

もし違うのであれば、すぐにでも大学から離れてみましょう。休学で本当にあなたが今やりたいことを見つけて、それにサルのようにハマってみませんか?

そうしたら自分の中にある「このままじゃ良くないんじゃないか」という悩みを一瞬にして吹き飛ばす経験をすることができます。ぜひ休学してみましょう。

【お知らせ】〜就職活動に悩む大学生へ〜就活で強い人材になるための「留学」セミナーを開催致します!

この度7/29に休学ラボでは、渋谷で

・大手物流に内定された、ミャンマー留学経験のあるアイさん
・総合商社に内定された、アメリカ経験のあるユキヨさん

のお二方をお呼びして、留学体験談や就活相談などに乗っていただくセミナーを開催します!

ぜひ参加してください!

詳細はこちらからどうぞ!

休学の相談など随時受付中!

休学の気軽な相談や、それに関わる情報発信は、休学ラボのライン『はじめ@休学ラボ』で行っています。

友だち追加

キャリアパスには、いろいろ不安もあると思いますが、休学ラボでは、多くの大学生のキャリアパスを切り開いてきた休学✕留学プログラムがあります。また、多くの体験談データベースから、最適な就職アドバイスも可能です。
※休学に関する不安

※キャリアパス相談

※休学⇒留学を成功させた事例紹介など

何でも気軽にご相談ください

 

記事のライター

Hajime

ツイッターのアカウント→@hanamogera02132

千葉大学2年生。 休学という選択肢を知ってもらうためのウェブサイト「休学ラボ」で編集長やってます。 英語、休学、留学、インターン興味があれば、ご気軽に!フィリピン留学、海外インターンしてました。趣味は筋トレ。TOEIC810点