【体験談】カナダワーホリでの仕事の探し方

近年、休学生や仕事を辞めてワーキングホリデーを利用して海外に渡航する人が増えてきました。

カナダではワーキングホリデー制度を使えば、1年間就労経験をしながらホリデー生活を満喫する事が出来ます。

しかし、私が仕事を探し初めてからわかったのは、仕事探しに対する知識不足や情報不足でした。

今回は、カナダでワーキングホリデーを使って仕事をしたいと考えている人に向けて、仕事の探し方や私の体験談・失敗談を紹介していきます。

そもそもワーホリとは?

正式には『ワーキングホリデー』と呼びます。

ワーキングホリデー制度を結ぶ2つの国のルールに基づき、各国が相手国の若者に対して自国の文化などを理解してもらうため、海外に長期滞在できるビザの事。

観光・就学・就労を許可されているビザのため、決められた期間(基本的に1年間)は国内を自由に移動し、現地の学校に通う事やフルタイムで働くことのできるとても自由度の高いビザです。

海外で自由に様々な事に挑戦する事のできる便利なビザですが、1つの国対して一生に1回しか使う事が出来ません。

カナダワーホリでの4つの仕事の探し方

1 インターネットのクラシファイド

カナダではインターネットで仕事を探すのが一般的。

日本人向けに発信している求人情報(主に日系企業や日本食レストラン)もあり、英語に自信がない人にも安心して探す事が出来ます。

私も含め、周りの友達も下記のサイトで仕事を見つけた人がほとんどでした。

カナダに到着して、仕事をすぐに開始しようと考えている人は、日本にいる時にレジュメを送り、面接の日程まで決めておくと良いと思います。

基本的に人手が足りていないところが多いので、応募段階で日本食レストランの不採用はないはずです。

 https://www.jpcanada.com/

https://www.craigslist.org/about/sites

http://www.e-maple.net/

 

2 カナダ政府のウェブサイト

カナダ政府が運営するJob Bankという求人サービス。
場所や職種、キーワードを入力して仕事を探す事が出来ます。

https://www.jobbank.gc.ca/home

3 新聞や雑誌のクラシファイド

「Classified」という情報掲示板ページで、求人情報や電話番号などの連絡先が載っています。

新聞や雑誌なので、ワーキングホリデーで訪れている日本人には中々手にする機会がありませんが、現地の人たちと一緒に働けるチャンスがあると思います。

4 店頭に突撃訪問

インターネットのクラシファイドなどで探してみても、なかなか自分の思うような求人情報がみつからない時は、普段から気になるレストランやカフェに突撃訪問するのも良いと思います。

私の友人の韓国人は突撃訪問した結果、カナダ人しか働いていないカフェで働く事が出来たそうです。

また、求人広告や掲示板には載せていなくても、店頭に求人募集の張り紙をしているお店もあります。

日本人のみならず、カナダはワーホリで色んな国の人が数ヶ月〜1年で働いているので、まだ求人広告を出してはいないけどワーホリビザの関係で辞める日程が確定している人も多いため、運がよければ「1ヶ月後に欠員が出るからよろしくお願いします」といったラッキーな事もあるかもしれません。

カナダのワーホリでできる仕事

日本食レストラン

ツアーガイド

カフェ

ローカルレストラン

お土産屋のスタッフ

日経企業のオフィススタッフ

ホテルのスタッフ

ハウスキーパー

語学学校のスタッフ

 

このようにワーホリ中にできる仕事はたくさんあります。

数が多いので、日本食レストランやローカルレストラン、カフェで働くのがもっとも一般的です。

私は、ワーホリ中はほとんど語学学校に通っていたため、仕事を探す時にはVISAの残りが3ヶ月。

日本で働く場合、元々短期間しか働けないと決まっていても、面接時にごまかすことは出来ます。

しかし、カナダ の場合VISAがあるので、正直に答えるしかなく、数ヶ月しか働くことが出来ないと決まっている人は中々雇ってはくれません。

まして、私のように英語ネイティブでもない留学生は、英語がネイティブの人に比べてとても不利。

そのため、私はカナダ人が働いている職場では働く事が出来ず、従業員が全員日本人のラーメン屋で働いていました。

 

もちろん、日本食レストランで働くことは決して悪いことではありません。

しかし、カナダ にワーキングホリデーでくる多くの人が、カナダ人がいる職場で働きたいと考えている人が多いと思います。

VISAの有効期限の問題で、私のように日本人しかいない職場で日本語しか使わない働くのは勿体無いと思うので、これからカナダにワーホリで訪れる人は、計画的に仕事を探して欲しいです。

まとめ

以上、カナダでワーキングホリデーでの仕事の探し方について、ご紹介しました。

せっかくカナダでワーキングホリデーをするなら、何事にも積極的に行動して仕事をしてみましょう!

 


ライター:けいすけ

20167月末から2018年の9月半ばまで、大学を2年間休学し世界一周を経験。世界一周中にセブ留学・カナダワーホリ・メキシコとグアテマラでのスペイン語留学を経験。帰国後は大学に通いながら、動画編集・ライター・Web制作の仕事をしている。