「休学に理由・目的なんていらない!」第一志望の企業に内定したヌイさんが語る休学体験談

はじめまして。ラスト女子大生の、ヌイと申します。

私は普段、ブロガーとして活動をしていて、今回は「休学ラボ」に寄稿という形で休学の話をしていきたいと思います。

他の方の体験談は「留学」や「インターン」なのでとてもキラキラしていますが、一方で私は、かなり意識低い休学でした。

休学内容としては、副業スキルを身に着けるために「物販」や「ブログ運営」。動機となったのは、「就活したくないな」って思ったからです。

でもそんな私でも、納得のいく就活ができたり、充実した大学生活を送れています。確実に言えることは、休学のおかげです。

もし、仮にあなたが「ただ、休学を何となくしてみたいだけなんだよ。」と思っていたとしても、私は休学をおすすめしたいです。

これから私の体験談を赤裸々に話すので、少しでも参考になれたらうれしいです。どうぞ最後まで、お付き合いください。

休学したかった理由は漠然とした不安から

このまま就活して、私大丈夫なのかな?

冒頭でもすこし触れましたが、私の休学理由は「就活したくないな」って思ったからです。インターンやバイトの経験があるので、特に就活ネタがないわけでもありませんでした。ただ、漠然とした不安があったのは今でも覚えています。

「私、将来やりたいことって何だろう」。「今から就活したところで、後悔のない学生生活になれない」。「私、今までやりきったことがないな」など。不安がどんどんでてくるので、就活の意欲がありませんでした。

頭の片隅には、どこか休学を意識していた自分がいました。特に休学したいなと思いはじめたのは、大学3年になって色々考えていた時です。

そして大学4年に休学を決心し、自分の直感を信じて休学届を提出しました。

休学中の活動内容は、個人の力で稼ぐこと

副業は「物販」からはじまった

休学した理由は「就活が嫌だったから」でしたが、休学中にやりたいことは決まっていました。副業スキルを身に着けることです。私は大学2年の頃から、なんとなくこれからは「複数の収入源」がメジャーになる、「複業」の時代がきそうだなと思っていました。

でもなかなか行動できず、結局はじめたのは大学3年の12月。副業関連の本を読み漁り、最初は直感的に自分でもできそうだったので、「物販」からスタート。

自分の不用品をフリマアプリなどで出品することから始まり、インターネットの可能性を知りました。そこから実際に仕入れて、スマホケースや雑貨類を販売していたこともあります。

数ヵ月やっていたのですが、次第につまらなくなってきました。

あとからブログを趣味ではじめるのですが、これが本当に楽しかった。なので物販は辞めて、ブログに完全にシフトしました。内容は、就活やレビュー、エッセイなど。

自分の経験が誰かに役立つことが、とてもうれしかったです。発信を続けていく中で、すこしずつ読まれる人数も増えて、どんどんブログの魅力にハマり今に至ります。

成果としては、ブログを通してwebライターのお仕事を頂けたり、自分のブログでも収益が出ています。最近ではタイアップで、セブの語学学校にインフルエンサー枠として留学行くことが決まりました。

就活のガクチカは「物販」と「バイト」に絞って話す

就活で必ず問われるといっても過言ではない、学生時代に1番頑張ったこと(以下:ガクチカ)では、物販とバイトを織り交ぜながら言いました。メインは物販です。

自分がお客様とネット上で接客をする時に、何を意識したのか。どう安心させながら販売をしたのか。目標を達成するために、どうやって逆算して行動するのか、等々。

私はIT企業の総合職で働く予定です。おそらく最初は営業をします。物販と営業は、「お客様の悩みを察知して適正なものを売る」というアプローチが大切なので、とても近いものがあります。

物販の経験によって、「うちでも活躍できそうだな」と面接官にイメージしてもらうよう、努めました。

でも個人での活動をガクチカにすると、「協調性はあるのか?」と心配されます。そのため、アルバイトの立ち位置や人間関係の構築なども、織り交ぜてました。

例えば後輩に教える時、人によって教え方のアプローチを変えることや、バイト内で報連相を常に意識したこと、失敗後の改善点等を話しました。

第一志望だった企業に内定を頂き、4月から働きます。理想の企業に出会い、内定をもらえたことは本当にうれしかったです。

Q.休学は就活に不利ですか? A.きちんと熱意を持って行動し結果を出せれば、問題ないですよ。

私はLINE@を設置しているのですが、そこには休学に関する質問がよく届きます。

特に多いのが、「休学って就活に不利じゃないですか?」ということです。

正直、まったく問題ないですよとは言えません。業界や企業によっては、不利になることもあると思います。でも、そこまで大袈裟に考えなくていいと思っています。

私の場合、休学したことで一気に余白が増えました。大学に行かないことで時間も増えますし、友達や先生と会う時間もグッと減るからです。

この空白によって、最初は孤独に感じることもあると思います。でもその空白を埋めようと、頑張るのです。

物販に注力し、今度はブログに注力。休学によって自分が不利にならないように、自分自分が自然と頑張っていました。

なんとかしようとするから、なんとかなるんです。

だから私は、熱量を持って行動したことに対して、きちんと伝えることができれば、不利にはならないと思います。

そして、周りの友達より1年遅れて社会にでるので、意外と焦ります。適度な焦りによって「頑張らないと」と自分を適度に追い込めまたので、結果にも繋がってます。

なんとなく休学したかったとしても、やってみるといいよ。目的なんて後でいい

休学する理由が留学や旅、インターンなど、最初から目的が定まってる人なら問題ないと思います。でもきっと、私みたいにゆるっとした理由の人もいるはず。

ちょっとリスキーに感じるかもしれませんが、興味があるなら休学してみたらいいと思いますよ。目的を、最初からガチガチに決める必要はないかなと。後づけの理由でも、就活は何とかなるもんです。

休学すると、時間は増えます。興味のあることに手を付ければ何かヒットしますし、いいなと思ったことに注力を注げばいいと思うんです。私はそこでブログに出会いました。

ありふれた言葉ですが、やらない後悔よりやって後悔。休学したことで、「私は納得のいく就活ができたぞ!」と言えるように、目の前のことに集中しましょう。

私の運営している「ヌイの脳内」では、休学や就活に関する情報も綴っています。もしよかったら、遊びに来てください(宣伝)

私の体験談が、すこしでもあなたのヒントになれたらうれしいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ⇒https://nuinet.club/

Twitter⇒@nui_nounai