オーストラリアのワーホリでは語学学校に通うな!経験者が語る行かないほうが良い理由

こんにちは。ワーホリ経験者koheiです。

私はオーストラリアで語学学校には通わずに渡豪3日目にはアルバイトをしていたのですが、これを話すと多くの人に驚かれます。

というのも「ワーホリ=語学学校に行ってから仕事」というイメージが蔓延しているから。

でも実は語学学校に通う人のほうが少ないんです。これは肌感覚ではありますが…

実際に行った人の体験談をもとに語学学校に通うべきかを考察します。

オーストラリアのワーホリではまず語学学校という風潮

インターネットでワーホリについて検索すると、初めの数カ月は語学学校に通い、そのあと仕事探しをしましょうという内容の記事が沢山出てきます。

そのためこのイメージが広く浸透しているんですね。

検索上位に出てくるサイトはほぼ留学エージェントのページなので、彼らが語学学校に紹介料をもらうためにそういった宣伝をしているわけです。

もちろん英語力アップに一役買うサービスではありますが、これを鵜呑みにして必要性を感じていないのに通う必要はありません。

オーストラリアでは多くの非ネイティブと関わり、日本人も何人か知り合いができましたが、通った人のほうが少数派。行った人も後悔している人が私の周りでは多かったです。

他に方法がないのか考えてみることをおすすめします。

オーストラリアの語学学校での生活ってどんな感じ?

今回は語学学校に通っていたYさんにインタビューをし、実情を聞いてきました。

Yさんは2カ月間オーストラリアの語学学校に通い。その後ファームでの仕事を始めました。

通っていた学校には一般コース・IELTSなどの語学資格コース・バリスタなどの専門資格コースがあり、Yさんは一般コースに入学。

2カ月での費用はホームステイ込みで約40万円

授業は平日に行われ。午前中に文法などの座学、午後はスピーキングの授業といった内容だそう。

休日はホストファミリーと過ごしたり自室で休んだりなどといった生活をしていました。

Yさん曰く「英語慣れはできたかな」とのことで、英語力は少し上がったようでした。

オーストラリアにある語学学校の授業内容

月曜から金曜までのスケジュールはこんな感じ。

午前…:座学。文法などを学びます。内容は日本の高校での既習内容のため復習。

Yさん曰くレベルが低くあまり意味がなかったという部分です。

午後…:スピーキング・隣の席の生徒と週末何をしていたかなどを話すところからスタート。その後はゲームをしたり、決められたテーマについてグループで話をしたりするなど比較的負荷が少なめの内容です。

ですが上記であげたようなことって旅行客やワーホリが宿泊しているバックパッカーズで友達を作ればできることなんですよね。

さらに集団授業のため。ひとりひとりが英語を話す時間は限られてしまいます。そのためYさんはこの程度のアウトプット量であればバックパッカーズで話す機会はあったから、40万円も払わなければよかったと後悔していました。

よく語学学校に通うメリットとして「コネ」が挙げられますが、ここで作れるコネとは同じ境遇の外国人同士のコネです。

後々良い関係になる人が出てくるかもしれませんが、語学学校卒業の段階では仕事を紹介してもらえるわけでもないです。

友達は語学学校に行かずとも作る方法は沢山あります。友達作りのために語学学校に行くのは絶対にやめましょう。

オーストラリアの語学学校でとにかくネックなのが高い費用

ご存知の通り語学学校の費用は非常に高額です。授業料に加え、ホームステイ費用や紹介料など何かとお金を取られます。

2カ月で40万円はそう簡単に払える額ではないですよね。さらに休日に遊びに行ったり外食をすればさらにお金が必要になりますから、あらかじめかなりの額の貯金が必要と言えるでしょう。

そして在学中はアルバイトができないため、収入がありません。2カ月あれば60万円ほどは稼げるので、その機会損失は非常にもったいない。

お金の面でかなりハードルが高いですので、無理して通う必要はないと思っています。

オーストラリアのワーホリで語学学校が必須ではないことを知っておこう

まとめると、高い授業料や手数料を払わなくとも同じ内容の勉強はできるということです。

特に働きながらであれば収入を得つつも実用的な英語を学ぶことができ、語学学習にも良い影響があります。

バックパッカーズやシェアハウスに宿泊・居住すればそこでも英語を使う機会に恵まれますね。

友達も語学学校以外で作れます。

まずは文法や単語を勉強しましょう。スピーキングを鍛えたい人はマンツーマンで教えてくれるフィリピン留学のほうが圧倒的にコスパが高いです。集団授業の何倍もアウトプットの機会があります。英語は話さないとできるようになりません。

フィリピン留学では単なるスピーキングの機会だけでなく発音矯正や文法の勉強をきちんとできるため、ワーホリ前の基礎力向上には相性が良い選択肢といえます。

すべてエージェントに任せて渡航するのは安心ですが、そのために高額な費用を払うべきかはきちんと考えるべきです。正しい情報を集めて自分に合ったプランを立てましょう。