大企業内定者が語る、就職活動が不安ならいますぐフィリピンへ語学留学に行くべき理由

こんにちは!就活時に複数の大企業から内定をいただいたshogoです。

「就職活動不安だな…どうしよう」

「就活でフィリピン留学って役立つのかな」

本記事ではこういった疑問に答えます。

私自身、学生時代に何か学問に打ち込んだり、長期インターンに行ったわけでもないただただ平凡な学生でしたが、フィリピン留学で努力した結果、複数の大企業から内定を頂くことができました。

本記事ではフィリピン語学留学でなぜ就職活動を有利に進めることができるのか、具体的に解説し、さらにどのようにアピールすれば良いのかまで解説します。

それでは見ていきましょう。

そもそも就職活動で企業は学生の何を見ているのか

私が就職活動を通して特に見られたと思う点は大きく3つあります。

  • 大学での勉強について
  • 語学力の有無
  • 何かに一生懸命打ちこんだ経験を持つか

上から順に簡単に解説します。

大学での勉強について

1つ目の大学での勉強とは、つまり大学できっちり学んだかどうか、それが仕事と関連性があるか、ということです。

特に理系の大学院生は就職活動で技術面接が行われるため、かなり見られますし、文系の学部生でも面接官との専攻内容についてのディスカッションになることはよくあります。

とはいえ、文系に限った話ですが、よほど飛び抜けて優秀か飛び抜けて成績が悪い場合でなければ、ここはあまり問題にはなりません。

語学力の有無

2つ目の語学力の有無とは、端的に言えば仕事で使える外国語能力、特に高い英語力があるのかについて見られています。

私自身就職活動をしていて強く感じましたが、現在国内市場の縮小により、あらゆる産業が海外にマーケットを求めて進出展開を図っています。

そうした中、企業は文理関係なく海外とコミュニケーション、ビジネスができる人材を必要としており、高い英語力はかなり評価されます。

何かに一生懸命打ちこんだ経験を持つか

3つ目は何かに一生懸命に打ちこんだ経験があるかどうかです。

人それぞれアルバイトや部活動、インターンシップ、勉強などあるかと思いますが、企業は自社でそれをどう生かしてくれるのかを見ています。

具体的に目標をたて、それに対し何を考え、どう試行錯誤し行動して、どんな具体的成果を残せたのか。

ここが明確な経験はかなり評価されます。

フィリピン語学留学では英語力も経験も得ることができる

フィリピン語学留学では、上記で挙げた就職活動で効率的に内定を得られる要素となる”高い英語力“と、”何かに一生懸命打ちこんだ経験“を得ることができます。

ちなみに私は2つの語学学校に通っていましたが、圧倒的にサウスピークをおすすめします。

私自身も通っていたのでよくわかるのですが、英語力を高めるために切磋琢磨し、ひたすら目標に向かって勉強する生徒ばかりなので、絶対にフィリピン語学留学を成功させたいのならサウスピーク一択です。

就職活動で評価される英語力はTOEIC800点以上

高い英語力が重要と述べましたが、具体的にはTOEIC800点以上を持っているかどうかです。

私はTOEIC840点で就職活動に臨みましたが、エントリーシートに記入したTOEICの点数に面接官がよく反応してくれました。

ただ、大企業の選考時に面接官の反応と周りの就活生を観察していると、TOEIC800点代はたまに見かけるのですが、900点代はかなり少なく、突出しているという印象を受けました。

英語力を前面に出していく場合はTOEIC900点代を保持しているとさらに強いかもしれません。

さらにこれは予想外だったのですが、

海外に進出していない地元の企業も受けたのですがそこでは逆にTOEIC高得点者が珍しかったため「TOEICの点数すごく高いですね〜」という話題作りにもなりました。

就職活動ではTOEICの点数の伸び幅もアピールできる

ここは見逃されがちなのですが、TOEICの点数の伸び幅で目標に向けて努力できる人間であるとアピールすることもできます。

例えば私はTOEIC465点から4ヶ月で840点に伸ばしたのですが、そのために何を努力して、どのような工夫をしたのかということまでアピールすることで、面接官からかなりの高評価をいただくことができます。

以下に実際の面接のやり取りを再現します。

面接官「TOEIC840点ということですが、英語はもともと得意だったんですか?」

私「いえ、英語はもともと苦手で、大学一年生の時に受けたTOEICでは465点でした」

面接官「465点!?400点近く伸びてますよね?どのような勉強をされたんですか?」

私「半年間フィリピン留学に行っておりまして、毎日10時間勉強することで短期間で大きく英語力を伸ばすことに成功しました。私はもともとの単語量と文法知識がおぼつかない状態だったため、留学前半はそこに注力し、後半は模擬問題を多くこなし苦手な文章の速読力をあげることで、高得点を取ることができました。

面接官「フィリピン留学最近よく聞きますね。弊社でも社員を語学留学に行かせるのですが、思うように結果を出せない社員もいるんですよ。それにしても10時間ですか、かなり大変だったんじゃないですか、なぜそんなに頑張れたのですか」

といったように話がはずみました。

ポイントは点数を伸ばすため何を努力して、どのような工夫をしたのかということまで自分の中でまとめて、アピールすることです。

体感では、努力した経験はTOEICの点数そのものよりも受けがよかったです。

なお、フィリピン語学留学で確実に努力して成果を残したいのなら、サウスピークをおすすめします。

学校にいる生徒のほぼ全員が10時間以上勉強しているので、良い意味で流されれば英語力アップと同時に就活では目標に向けて努力できる人間であるとアピールすることもでき、とても良い環境でしたね。

 実際に私は就職活動で連勝しました

実は、私は留学に行く前にも一度就活を経験しています。その際はエントリーシートを全く埋められないほど、自分にはアピールできることがなく絶望しました。

そんな私でも、帰国後の就職活動では10社程度にエントリーシートを送り、 業界トップのエネルギー専門商社、財閥系素材メーカー、地元の地銀の3つから内定を得ることができました。

内定をいただけた企業からのちにフィードバックをいただいた際、海外で努力して結果を出したことを高く評価していただけたようで、「一緒に働いてみたいと思った」とのお言葉をいただくことができました。

まとめ「就職活動が不安ならいますぐフィリピン語学留学に行くべき!」

大学で勉強を頑張ったわけでもアルバイトやインターンシップを特別頑張ったわけでもない私でも、複数の一部上場企業から内定をいただくことができました。

あなたがもし就職活動に不安を覚えているのなら、いますぐフィリピン語学留学に踏み出し 、就職活動で戦える武器を手に入れましょう。

<自己紹介>

2018年新潟大学教育学部卒業。留学前は大学生活中努力で何かをなしたことがなく、就活を前にそんな自分に絶望し変わるため、海外へ留学。現在はエンジニアとして働いている。TOEIC870 HSK6級を保持。

ブログ https://shogo-log.com

Twitter @samuraibrass