*
*

海外インターンでは英語力は上がらない?経験者が語る、インターンの実態

 

こんにちは、休学ラボのハジメです。大学生の方で海外インターンに行きたいと思っている方は結構いると思います。ですが、英語力が不安…。という悩みを抱えている方が結構多いと思います。

 

そこで、本記事では、海外インターンに行きたい人はどれくらい英語力を身に着けて行けばよいのか。海外インターンのメリット、さらには英語を勉強するためにかかる期間などを海外インターン経験者である僕が書いていきたいと思います。

海外インターンで英語力が必要な理由

まず、海外インターンで英語力って本当に必要なんでしょうか?

 

答え:必要です。

 

その理由ですが、まず英語力がなければ、書類整理、印刷などのいわゆる英語を使う必要がない業務「雑務」を任されてしまう可能性があります。もしくは、日本人相手のビジネスしか任せてもらえなかったり、日本人の同僚しかいないインターン先であることがかなり考えられます。

 

そうすると、日本でインターンするのと大差なくなってしまいますし、インターンというよりかはアルバイトに近くなってしまいます。

 

ですので、海外インターンに行く前には絶対に英語力を身に着けていったほうが良いです。

 

※注意点:「英語力不問」を語る海外インターンが結構あります。ですが、このインターンは先程述べたような「英語」を一切使わないインターンの可能性が大です。このような甘い言葉には気をつけてください。

海外インターンを選ぶ際の注意点は他にもあるので、下の注意点についてまとめた記事を御覧ください↓

 

(関連記事:【休学×海外インターン】経験者が語る海外インターンを選ぶときの注意点3つ

海外インターンで求められる英語力は最低でもTOEIC730点

では、海外インターンで求められる英語力はどれくらい何でしょうか。

 

どの海外インターンのエージェントを見ても「最低限コミュニケーションが取れる」くらいとしか書いてありません。

 

しかし、僕の体験談を含めた、実際に海外インターンをした他の先輩たちからの体験談の分析をみると、明示的な数値がわかってきました。それは

 

東南アジアや、インドなど発展途上国でインターンするのであればTOEIC730点

 

アメリカとかだと最低の最低でTOEIC800点

 

くらいになります。正直アメリカなどはこれでもかなりきついくらいです。また、これ以下の英語力である方は海外インターンに応募しても断られる可能性が大きくなってきます。もしくは、先程話したような海外インターン先でも英語を使わない業務しかさせてもらえないでしょう。

 

「最低でもTOEIC800点以上は必要」と語るAkiさんのアメリカでの海外インターン体験談〜生活編〜

 

しかし、これくらいの最低限英語基礎力があれば、商材の英語資料が渡されて、読めるくらいの英語力を身に着けていると思います。さらに、最初のうち仕事についていけなかったとしても、終業後に自分で勉強して、追いつけるくらいにはなっています。

 

その努力は就活でもいわゆる「ガクチカ(学生時代に力をいれたこと)」にもなりますし、しっかり英語の基礎力を着けてから海外インターンに行きましょう。

海外インターンで英語力は伸びない!

では海外インターンで英語力はどれくらいのびるのか?はっきり言って、海外インターンに行くだけでは英語力は伸びません

 

ごめんなさい。これもはっきり言わせてもらいました。この記事を読む方は「お金が節約したいから、留学とかしないで海外インターン行くだけでもいいか。現地にいけば英語力上がるだろう」と安易に考えていませんか?

 

現実は伸びません。最低でも先程述べた基準であるTOEIC730点くらいの英語基礎力が無い方は、英語力を伸ばすのはかなり厳しいです。海外インターン中にしっかり仕事と両立して勉強できるのであれば、少しは伸びることもありますが、仕事疲れてから、勉強するのはかなり厳しいです。

 

逆に、先程も受けた基準以上の英語力をすでに持っているのであれば、海外インターン中にスピーキング能力がぐっと上がる人は多いです。

 

ですので、先に留学して英語力を上げていくことをおすすめします。

海外インターンのメリットは4つ

ここまで、海外インターンを否定しているように捉えてしまった人もいるかもしれません。ですが、海外インターンには様々なメリットがあります

 

・1)ビジネス英語を学ぶことができる。

 

・2)海外インターンをしている人が少ないので就活の際に差別化になる。

 

・3)海外で働くということの現実を知ることができる。

 

・4)外国人相手にものを売るという経験ができる

 

まず1つ目のメリットです。英語力は海外インターンでは身につかないと書きましたが、実際に海外のビジネスシーンで使われているような英語を身につけることはできます(英語基礎力がある場合に限る)。

 

例えば実際の業務中に頻出するボキャブラリーとしては、invoice(請求書)、check(小切手)、wrap up(包装する)、shopping for the company(社用の買い出し)、discount(値引き) などなど。TOEICの問題で一度は目にしたようなものが多いはずです。

 

このような表現を実際に使うことを通して、ビジネスで使う英語力を鍛え上げることができます。その点では非常に良い経験になるでしょう。

 

2つ目のメリットですが、これは就活という視点から見た場合のメリットですね。まだ日本の大学生の上位層であっても海外インターンをしている人はかなり少ないです。ですので、周りのアルバイトしかしていなかった学生、サークルの副部長には絶対に負けない経験をすることができると思います。

 

3つ目のメリットです。これがメリットになるかどうかは人それぞれです。はっきり言ってしまえば、最近海外で働くということに憧れを持っている学生がたくさんいると思います。それ自体はとても良いことだと思いますし、海外で働く事は楽しくて、良いこともあります。ですが、かなり辛い側面も多分に含んでいます。

 

 

たとえば、発展途上国だとどこでもありますが、大事な会議に3時間も遅刻して来たり、同僚に嘘を疲れたり、何回リマインドしても仕事をやらなかったり…。少し怒ったら、社員がやめてしまったり…。数え上げたらきりがありません。

 

このように日本じゃ絶対起こらないことが、当たり前の様に発生するわけです。そのような環境の中でもしっかり働けるストレス耐性が自分に備わっているのか。という部分も海外インターンを通して見ることができます。

 

このインターンを通して、「やっぱり自分は海外で働きたいな!」とか「東南アジアで働くのはかなりきついから、違う国を検討してみよう」とより自分にあった選択をできます。

 

最後に4つ目のメリットです。これはかなり就活でも強いメリットになると思います。やはり就活で求められている人材と言うのは「金を稼ぐことができる人材」です。そして、今多くの企業が標榜している「海外進出」というのは、基本的に海外でものを売りたいということです。

 

そう考えると、企業がいかに「海外で外国人相手にものを売ることができる人材」を求めているかわかると思います。もし海外インターンで実際に、「外国人相手に、〇〇を売ってこれだけの売上を上げました!」ということができたら、かなり就活でもウケが良いでしょう。

 

(実際にインドで味噌汁を売って、命からがら帰ってきたKaiさんの体験談を載せておきます。↓

成城大学を大学4年生で休学し留学+インドで海外インターンの後、一部上場企業に内定が決まったKaiさんの体験談

英語の基礎力は3ヶ月、死ぬほど勉強すればなんとかなる。

ここまで海外インターンに行く前に、必要な英語力や、海外インターンに行くだけでは英語力は伸びないという話を散々してきましたが、事前に短期間で英語力を上げていくことは十分可能です。

 

これは僕の体験談ですが、フィリピン留学で僕は1日10時間以上の勉強を毎日して、英語力をTOEIC400点⇒800点まで3ヶ月という短期間であげることができました。その後海外インターンを通して、フィリピン人たちに指示を出したり、一緒に働けるくらいには成長しました。

 

僕の留学体験談です。↓

大学が提供している欧米の語学研修プログラムよりフィリピン留学の方がオススメ!語学研修で英語力の向上を実感できなかったhajimeさんの体験談

大学の夏休み・春休みは2ヶ月間もありますし、その期間で英語力を大幅に上げてから、半年間休学して海外インターンなども良い選択肢だと思います。もしくは、大学3年や、4年の授業にほとんど参加しないでも良い時期を有効活用するのも良いでしょう。

 

今英語力が低くても、努力次第でなんとかなります。ですので、少しでも興味が有るのでしたらぜひ挑戦してみることをオススメします。その際はいつでも相談にのりますので、ぜひ下の段落に載せる僕のツイッターアカウントや、LINE@にメッセージ送ってください!

休学の相談など随時受付中!

休学✕フィリピン留学の気軽な相談や、それに関わる情報発信は、ツイッターアカウント『はじめ@休学ラボ』で行っています。

 

ツイッターアカウント→はじめ@休学ラボ

はじめ@休学ラボのLINE@↓友だち追加

キャリアパスには、いろいろ不安もあると思いますが、休学ラボでは、多くの大学生のキャリアパスを切り開いてきた休学✕留学プログラムがあります。また、多くの体験談データベースから、最適な就職アドバイスも可能です。
※休学に関する不安

※キャリアパス相談

※休学⇒留学を成功させた事例紹介など

何でも気軽にご相談ください

成功する休学にするためのフィリピン留学申し込みはこちら!

お申し込み方法

↓ 下記のお見積り依頼からお申し込みください。備考欄にノースキル文系と記述してください。
header_application

 

 

 

 - 休学, 海外インターン, 留学