【格安】経験者が教えるワーホリにおすすめの海外旅行保険とは?無料で2000万円補償もついてくる!

こんにちは。オーストラリアワーホリ経験者のkoheiです。

ワーホリでかかる大きな初期費用。航空券、VISA、パスポート発行…色々とお金がかかりますが、中でも最も大きな額になってしまうのが海外旅行保険。

ワーホリでも短期の海外旅行と同じように病院に行けば多額の医療費を請求されます。

さらには医療費回収が見込めないことを理由に治療を断られることも。

とはいえ、保険料に何十万円もかけるのはちょっと厳しい。

そんな人は下記の方法で保険料を節約しましょう。無料で十分カバーできる人も多いはずです。

ワーホリに行くなら保険には絶対におろそかにしないこと

重ね重ねになりますが、海外で病気やケガをした時の医療費は高額。

アメリカは医療費が高額で有名ですが、ワーホリ協定国の代表であるカナダやオーストラリアなども医療費は高いです。
オーストラリアでは救急車を呼ぶだけで1000ドル(約8万円)がかかります

また、病気やケガ以外にも当然リスクはあります。海外は治安が悪いところが多くスリなどの盗難が頻発しています。

大事な貴重品が盗まれても保険に未加入なら泣き寝入りに…

日本でも同様ですが、自分が誰かにケガをさせてしまった場合には高額の賠償責任が生じます。

これらを払うことになると思うとぞっとしますね。海外は日本よりもトラブルが起きることが多くなります。

「自分は大丈夫」と思っていてもトラブルには巻き込まれますので、加入しておくべきです。

私は幸い病院や警察のお世話になることはなかったですが、安心の意味でも思い直して入会して良かったと思っています。

 

クレジットカード付帯保険を活用しよう

海外旅行保険の保険料はピンからキリまで、補償内容によって変わってきます。

最も安いプランで10万円台~、手厚くすれば何十万円もするものまで。

どんなプランを選ぶ人でも使って損しないのがクレジットカードの付帯保険

カード付帯保険って補償内容がイマイチな印象がありませんか?

エポスカードは補償内容が手厚くおすすめです。

例えば病気で治療が必要の場合。エポスカードを持っているだけで270万円まで補償されます。現地で一切使っていなくてもOKなんです。

また賠償責任は2000万円までカバー。後遺症や死亡時や携行品被害(盗難)もしっかり補償されます。これらすべてが無料

参考に、東京海上日動の一番安いプラン(1年間:15万円)の内容が疾病補償500万円、死亡や後遺症が10万円のみ。それ以外の補償はなし。

 

一般の保険の安いプランに加入したとしてもそれほど補償内容に差はなく、私はこの内容で十分と判断しカード付帯のみで渡航しました。保険料0円です。

 

もし持病があったり不安な人はカード付帯に加えて必要な部分だけ手厚い保険に加入すると良いでしょう。

しかし、カード付帯保険は補償内容以外にももう一つ落とし穴が。

それは補償期間について。

エポスカードをはじめ多くのカード付帯保険の補償期間は出国から90日間。1年や2年渡航するワーホリメーカーにとっては4か月目以降が補償なしになってしまいます。

でも大丈夫。こちらも対策がしっかりありますので次の章でお話しします。

クレジットカード付帯保険の裏ワザ!補償期間を1年に伸ばす方法

先ほどお話ししたように、クレジットカード付帯保険は90日間しか適用されません。これを1年に伸ばす方法が2つあります。

利用付帯保険を活用

カード付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

自動付帯は持っているだけで保険が適用されるもの。先ほどのエポスカードも自動付帯です。

利用付帯は旅行代金や旅行先の交通機関料金の支払いにカードを使うと保険が適用されるもの。この利用付帯のカードの一部は、「海外の交通機関で支払いをした翌日から保険が適用される」ものがあります。

つまり、1~90日目はエポスカードの保険を使い、90日目に2枚目のカードで電車やタクシーに乗ることで91~180日目まで保険が効きます。

これを3枚目、4枚目と繰り返すことで1年以上カード付帯保険のみで補償対象になり続けることができるのです。

注意点はすべての利用付帯カードが「支払いをした翌日から適用」ではないこと。利用付帯の多くのカードは「事前に旅行代金をカードで払った場合、出国後90日前を補償」のものが多いです。

間違ったカードを持って行ってしまうと91日目から知らないうちに保険未加入になってしまいます。

私が使っていた、この裏ワザが使えることが確定しているカードは以下です。

  • 三井住友VISAカード
  • リクルートカード
  • セディナカード

私はこれにエポスカードを加えて1年間カバーしました。

一時帰国をしてリセットする

このカード付帯保険ですが、一時帰国をすると一旦旅行が終了したことになり補償期間がリセットされます。90日目に帰国し、91日目に海外へ戻ったとしても、また1日目からのカウントになります。

ぶっちゃけ、一時帰国を繰り返せば保険は永遠に効き続けるということです。

3カ月に一度はないと思いますが、半年に1度程度であれば一度帰国をする日本人ワーホリは実は多いです。高額な保険に入るよりも一時帰国の航空券代のほうが安いので、少し母国を楽しみつつ、保険を延長するのも良いかもしれません。

それでも不安なら一般の保険を付け足そう

これまで無料のカード付帯保険について紹介してきましたが、それでももっと手厚い補償をかけておきたい人もいるかと思います。

そんな方は一般の保険に加入し不安な部分をしっかりカバーしておきましょう。

保険は日本で加入する場合と現地で加入する場合で変わってきます。

日本で加入する場合は日本語でOKなことや幅広い補償で安心です。ただし保険料は高めで、一括で支払う必要があります。

海外で現地加入する場合は内容を理解する必要があり、高い英語力が求められます。保険料は日本で入るよりも安くすみます。

多くの場合は医療保険のみですが、コストをどうしても抑えたいという人はオススメです。

かなり受給条件が多いので細かいところまでしっかり読む必要ありです。

このあたりしっかり理解できる英語力をつけてから渡航するとコストを抑える選択肢ができるのでやはり事前の英語学習が大事になります。

フィリピン留学など、基本的な英語は叩き込んでから渡航しましょう。

 

まとめ

保険に対する考え方はひとそれぞれですので、どんなに医療費がかかっても大丈夫なようにしておきたい方もいると思いますが、実際のところ多くの日本人ワーホリの場合カード付帯保険の内容のみで十分なのではないかと思っています。

対象のカードを持っていくだけでも万一の時に安心が変わってきます。

何もしないのではなく最低カードだけは持っていきましょう。

最近では歯医者も補償してくれる保険も出てきましたが、基本的に歯科医療は保険対象外です。ワーホリ前には歯医者に行けとはよく言いますが、出国してから虫歯が痛い…なんてことにならないよう対策をしてから出国しましょうね。

保険会社やエージェントに不安を煽られすぎず、楽観視しすぎず、自分に合った保険を選んでください。