外資系企業への就職を目指すなら英語を身につけるべき?TOEICの点数は必ず必要?

「高い給与」「優秀な社員」「徹底的な実力主義」

これら3つは外資系企業の大きな魅力であり、多くの大学生が外資系企業への就職に憧れる理由にもなっています。

しかし、切っても切り離せないのが「英語が必須だ」というイメージ。

「外資系企業」と聞いて、帰国子女や元留学生が、外国人の上司と英語でミーティングをしている様子を思い浮かべる人もいるかと思います。

では、外資系企業への就職を目指すなら、やはり英語は必須なのでしょうか?

休学ラボでは、留学やワーホリ、海外インターンの経験者を中心にたくさんのインタビューを行い、「就活における英語の必要性」について調べてきましたが、今回はその中でも、「外資系企業への就職における英語の必要性」にスポットを当てました。

本記事では、外資系企業に就職したい大学生に向けて「英語力が必要な理由」と「具体的に必要な2つの英語力」、「その英語力を得る方法」について解説します。

外資系企業に就職するなら英語は必須です

「外資系企業への就職を目指すなら英語は必須なのか?」という疑問。

結論から述べると、英語は必須です。

たしかに少数ではありますが、外資系企業の中にも英語力をそれほど重視しない企業が存在します。日系企業をクライアントとする外資系メーカー等がこれにあたります。

しかし、外資系企業である以上、大本が海外にあるのに変わりはありません。つまり、いつ英語を必要とする業務が舞い込んできてもおかしくないのです。

実際、外資系企業の多くは、英語を必要とする業務を抱えているため、英語力を採用の判断基準の一つとしています。特に外資系金融や外資系コンサルなど、外資系企業の花形ともいえる業界では、英語力の有無はかなり重視されるようです。

ただ、ひと言で「英語力」と言われてもパッとしませんよね。

決して、帰国子女レベルのネイティブな英語力が要求されるわけではありません。以下では、外資系企業に就職する上で必要となる「英語力」を2つに分けて説明します。

足切りされないために必要となる「TOEICの点数」

まず1つ目は、「TOEICの点数」です。

外資系企業は、学生からの人気も高く、優秀な学生がたくさん集まってきます。そのため、ES(エントリーシート)に書かれたTOEIC等の点数を参考に英語力の有無を判断し、足切りを行なっている企業がほとんどです。

諸説ありますが、多くの外資系企業では、TOEIC800点を基準に足切りを行なっていると言われています。(最難関とも言われる外資系投資銀行などの業界では、TOEIC900点以上が必要だという説もあるので、一概には言えません。)

その足切りから逃れるためにも、目に見える形での英語力の証明が必要なのです。

もちろん、英検やTOEFLなどの試験で代用することも可能です。しかし、TOEICは日本国内で最もメジャーな英語試験であることから、多くの企業がそのスコアを採用基準として公表しています。公表されているスコアを見れば、勉強のやる気も出ますよね。

『TOEICスコアを採用基準として公表している企業』に関する記事はこちら

またTOEICの学習は、ビジネス英語の基礎を作るのに役立ちます。外資系企業で働くと、英語によるメール対応や書類作りが必要となる場合がありますが、TOEIC800点ほどを取得しておけば、こういった業務をこなすことができるようになるのです。

実際に働く上で必要となる「英語によるコミュニケーション能力」

そして2つ目は、「英語によるコミュニケーション能力」です。

先に述べたTOEICの点数は、外資系企業で働く上での「最低限の英語力」であり、実際に求められるのはこちらの能力でしょう。

外資系企業の中には、英語でのミーティングやプレゼンテーションが日常的に行われる企業もあります。さらに、海外出張等で本社や他拠点に赴く機会があれば、現地で使う言語はもちろん英語になります。

また外国人の上司がいた場合、英語で積極的にコミュニケーションを取れる部下とそうでない部下とでは、だいぶ印象が違ってきてしまいますよね。

ネイティブレベルとまではいかなくても、「英語によるコミュニケーション能力」を高めることは大切だといえるでしょう。

ちなみに採用面接のとき、この「英語によるコミュニケーション能力」を測るために英語での質問をする企業もあるそうです。

両方を得るなら、「フィリピン留学+海外インターン」がおすすめ

以上が、外資系企業で就職する上で必要となる2つの英語力です。

では、英語力がまったくない人は、外資系企業への就職を諦めなければならないのか?

そんなことはありません。今まで英語をしっかり勉強してこなかった人に向けて、「TOEICの点数」と「英語によるコミュニケーション能力」の両方を効率的に高める方法を紹介します。

それは、「フィリピン留学+海外インターン」という方法です。

具体的には、1年間大学を休学し、半年のフィリピン留学と半年の海外インターンを経て帰ってくるという流れになります。

まずフィリピン留学は、TOEICの点数を短期間で上げるのに最適な留学方法だといえます。

そもそも欧米諸国では、TOEFLやIELTSといった試験が主流のため、TOEICという試験そのものがマイナーです。そのため、わざわざTOEICの対策をしてくれる語学学校は滅多にありません。

対して、フィリピン留学は主に日本人や韓国人を対象としているため、TOEIC対策をしてくれる語学学校が多いのはもちろんのこと、フィリピンの現地でTOEICを受験することも可能です。

実際にフィリピンのセブにある語学学校サウスピークは、3ヶ月の留学で平均200点以上スコアアップできることを数値として証明しています。

『日本初、語学学校史上初の成果!3ヶ月で「平均」TOEIC200点アップを達成』語学学校サウスピークの記事はこちら

つまり、現在TOEICの点数が450点ほどしかない人でも、半年留学すれば、800点以上取ることができるということです。

TOEICでビジネス英語の基盤を作った後に、海外インターンに行けば、そこでビジネス英語を実践的に使う練習ができます。

したがって、外国人と一緒に働く環境の中で「英語によるコミュニケーション能力」を高めることができ、結果的に外資系企業で必要とされる2つの英語力を手に入れることができるのです。

以下は、実際にフィリピン留学や海外インターンを経て、大手外資系企業や有名メガベンチャー企業に就職した人の例になります。

 

フィリピン留学を経て某外資系コンサル企業に就職したHarukaさん

新卒で3年間、日本国内の病院で医療事務のお仕事をされていたHarukaさん。

サウスピークでの約4ヶ月の留学を経て、TOEICの点数を375点から710点まで上げ、そのスコアを活かして大手外資系コンサルティング企業のアクセンチュアに転職されました。

Harukaさんのインタビュー記事はこちら

 

フィリピン留学と海外インターンを経て某メガベンチャー企業に就職したSoichiroさん

Soichiroさんは、通っていた同志社大学を1年間休学。

サウスピークでの3ヶ月の留学を経て、TOEICの点数を500点から715点まで上げ、そのスコアを活かしてマレーシアの海外インターンに挑戦したそうです。

帰国後の就職活動では、有名メガベンチャー企業であるリクルートの内定を勝ち取りました。

Soichiroさんのインタビュー記事はこちら

外資系志望なら大学生のうちに英語を身につけよう。

外資系企業を志望する学生にとっては、もはや必須となってきている英語力。「楽天」や「ファーストリテイリング(ユニクロ)」が英語の社内公用語化を決定したように、上昇志向の高い日系企業でも英語力を評価する流れが広まってきています。

だからこそ、大学生のうちに英語を身につけておく重要性は増してきているのです。

先ほどおすすめした「フィリピン留学+海外インターン」は、大学を1年間休学して行うものなので、「これから大学4年生になる」という人でも間に合います。外資系企業への就職を希望しているのなら、必ず就活が始まる前までに英語力を身につけておきましょう。

中には「休学」という言葉を聞いて、「就活においてマイナス要素になるのではないか」と心配する学生もいますが、決してそんなことはありません。むしろ、休学という珍しい経験をした学生は、面接官に大きな興味を持ってもらうことができます。

特に外資系企業では、「自ら積極的にチャレンジする人」を高く評価する傾向がありますので、休学期間中に得た経験は必ずプラスに評価されるでしょう。

『休学はノーリスクでなんでもチャレンジできる期間』と語った株式会社ZOZO執行役員の田端信太郎さんへのインタビュー記事はこちら

外資系企業への就職に興味があるものの、英語力に自信がないという人は、まずは「フィリピン留学+海外インターン」を検討してみてください!