休学して日本代表!?ブラジル発祥スポーツ・フレスコボールでワールドカップに出場する斉藤亮太さんの体験談!

休学が人生を大きく変えるきっかけになるかも!? 選択肢は留学や海外インターンだけでない!

休学といえば、海外留学、世界一周や、ワーキングホリデーなどのイメージが強いですが、
他にも様々な活動をしている人がいます。

今回はブラジル式の羽子板とも呼ばれる、フレスコボールというスポーツでワールドカップに出場した斉藤さんの休学経験をインタビューしてきました!

休学をしたら人生変わった! フレスコボールを始めたキッカケと理由について

「ブラジルの羽子板」と呼ばれるフレスコボールって何?

ーー初めまして! 休学ラボのハジメです。「フレスコボール」とは何なのでしょうか? 正直、今まで聞いたことがありませんでした。

そうですよね。フレスコボールというのはブラジルの、リオデジャネイロ発祥で1945年にできたスポーツです。ブラジルのビーチに行くとみんなやってるくらい人気のスポーツですね!

ーーそうなんですね! フレスコボールってどのように競うスポーツなのですか?

フレスコボールはいわゆる、フィギュアスケートと同じ様に「評価型のスポーツ」なんです。テニスのようなラケットを使って2人1組で、ラリーを行います。

そのラリーの中で、技やスピードを審判に評価してもらって、その点数を競うというスポーツなんです。

【フレスコボールの紹介動画】

ブラジルの羽子板なんて言われていたりもしますね。

ーーテニスのように「相手に勝つ!」というスポーツではないんですね。

 

ーー今回、斉藤さんはフレスコボールをするために休学されたということですが、どのようなキッカケがあったのでしょうか?

僕は休学する前に就活をしていたのですが、その際にスポーツビジネス企業のセミナーに出席したんです。そこで、たまたまフレスコボールの普及活動をしている人と知り合いになったんです。

就活セミナーの後、その方に誘っていただいて、フレスコボールの夏の大会を見学させてもらったんです。

ちょうどその大会で、余興のような形で来ていた女子のフレスコボール世界チャンプの1人とプレーさせてもらえる機会を頂いたんですが、その時、初体験にもかかわらず結構上手にできてしまいました。

世界女子チャンプの方にも褒められたのですごいうれしかったですね(笑)

ーーすごいですね!

フレスコボールの関係者の方に「次の春に三浦海岸で行われるビギナー向けの大会にプレイヤーとして参加しないか?」と誘われたので「以前プレイした時、結構できたし参加してみようか」とかなり軽い気持ちで参加してみたんです。

そしたら、大会でいきなり優勝してしまいました。

ーー優勝ですか!

そこからですね。まだプレイヤーの人数も少なかったのと当時の日本代表の選手たちなどを見ていたら、日本代表狙えるんじゃないかと本気で思ったんです。同じ年の4月に休学を決めました。この瞬間が人生の分岐点だったと思いますね。

ーーなるほど。すごい行動力ですね

「一気に日本代表に駆け上がった!」2年間の休学中の活動内容と成果

休学してからは、平日は個人で練習をして、土日になったらビーチに出かけていってフレスコボールのプレイヤー達と練習するようになりました。

大学を休学していたのでフレスコボール漬けの毎日でしたね。

ーーその後、また大会に参加されたんですよね?

はい、夏にはいわゆる全国大会のような、フレスコボールジャパンオープンという日本一を決めるための大会が三浦海岸でおこなわれたんですが、僕もそこに参加して、2位を勝ち取ることができました。

ーーたった半年で日本の2位になったというわけですね。

そうなりますね。そして、日本代表としてイタリアの世界大会に出場する権利を得ることができました。世界大会ということもあり、あまり良い成績を残すことができませんでしたが、良い経験になりました。

ーーイタリアに行ったときは、言葉は通じたのでしょうか?

いや、全く通じませんでしたね。やっぱり今後スポーツをやっていく上でも言葉ができたら良いなと思いました。世界中の人が自分のフレスコボールについてのアドバイスなどをしてくれるんですが、何を話しているのかさっぱり理解できなかったんです。

すごいもったいないことをしているなと感じましたね。今後は英語や、スペイン語なども勉強していこうと思っています。

ーーそうなのですね。その次の年も休学されたのですよね?

はい、もっとフレスコボールに打ち込みたいと思ったので、もう1年休学期間を延長しました。次の年は、日本一を目指して死ぬ気で頑張りました。

ーー結果はどうだったのでしょうか?

日本一になれました! その年も日本代表に選んでいただいて、フレスコボールの本場、ブラジルの世界大会でプレイする権利も手に入れました。

しかし、それと同時に虚しさも感じるようになったんです。なぜなら、いくら日本のトップになっても、フレスコボール自体が全く知られていないので「たいしたことのないスポーツの日本一なんでしょ」と思われてしまいがちです。

これがすごい悔しかったので、積極的に自分から「フレスコボール」について発信していかなければならないなと思うようになりました。その時からちょっとづつ雑誌やメディアへの露出を増やしていったんです。さらに最近では、休学することで得た有り余る時間をブログや、ツイッターなどを使ってフレスコボールの普及のために使っています。

自分が興味あることを突き詰めるための時間が休学!

ーー最後に休学を今迷っている人に向けて一言いただければと思います。

僕自身は、フレスコボールなどの活動は就活のためににやってきたわけではないんです。ただ、やりたいことがあって休学をしないとそれができなかったので、休学しました。

僕にとって「何かをやりたい! と思った瞬間に、行動できる」というのが休学の1番良かった点です。

僕自身、休学の1年目はフレスコボールをプレイするためにだけに時間を費やしましたが、その次の年では、方針転換して主にフレスコボールの普及活動をやりたいと思ったため、実行することができました。

何か大学ではできないようなことがしたい、挑戦してみたいと思うのであればガンガン休学していくと良いと思います。時間はたくさんありますよ。

ーーありがとうございました!

以下、フレスコボール日本代表・斉藤さんツイッターとブログになります。ぜひ興味がある方はフォローしてみてください!

ツイッター

ブログ