「後悔しない休学をするために」経験者が語る休学する前に絶対やっておくべきこと3つ

こんにちは、休学ラボのハジメです。今回は、休学をしようかなと考えているみなさんに向けて、

休学経験のある私が休学前にやっておくべきだったなと後悔していることや、やってよかったことをまとめていきたいと思います。

休学前にやっておくべきだったなと後悔していること

自己分析

一つは、この自己分析です。例えば、自分の今までの意思決定プロセスや、自分が嬉しかったこと、楽しかったことを見直すことで、様々なことがわかってきます。

例えば、私の場合は単純な興味で、「もっと色々な世界を見てみたい!」と思って休学しました。それで実際、フィリピン留学や、海外インターンを経験したわけです。

ですので「自分が本当はどうしたいのか」、「将来は何をしていきたいのか」については深く考えられていませんでした。

例えば、インターンじゃなくてワーホリでも良かったのではないか、将来本当に海外で働きたいのか?ということについてです。

実際、Kaiさんという方は、インドでのインターンを最初始めたときに、自分のやりたいこととは違うと違和感を感じ、一ヶ月で海外インターンを辞めて一人でインドで味噌汁を売り歩きました。

Kaiさんの休学体験談はこちらから

というのも、もともとKaiさんは「外国人に向けてビジネスをしてみたい」という思いを持って、海外インターンをされた(海外インターン斡旋エージェントにもそのように伝えており、外国人向けの商売ができる予定だった。)そうです。

ですが、そのインターン先では商談相手のほとんどが日本人で、もともとの目的である「外国人向けのビジネス」ができなかったなかったそうなのです。

そこで、Kaiさんは休学の目的や、自分のやりたいことをしっかり把握していたためインターンを辞め、インドで味噌汁を売る方に切り替えることができました。

このような例を見ると休学前の自己分析や目的決定はかなり大事だということがわかるでしょう。

それでは、休学前の自己分析方法としておすすめなものをいくつか紹介したいと思います。

【自己分析をする上で、良かったなと思う書籍や方法】

絶対内定

こちらの本は就活用ですが、休学を考えている人にもおすすめです。

というのも実際就活のときにも役に立ちますし加えて、休学中海外に行って自分のやりたいこと、なすべきことがわからなくなったときにかなり使えると思います。

「昔自分は苦しくなったときはどのような対処をしてきたのか」

「今まで迷ったときはどのような基準で意思決定をしてきたのか」

などを知っておくことで、今までの自分にはなかった判断基準を持って意思決定をするというチャレンジをすることができるかもしれませんし、逆に今までの対処法よりも良い方法を見つけることができるかもしれません。

せっかく休学というなんでもできる良いチャンスなので、この本をやってみて自分のことを良く知るのが良いでしょう。

・WCMシート

次は方法論になりますが、自分の将来像の把握や休学計画を立てる上で使えそうだなと思っているのが、リクルートの人材開発でも採用しているWCMシートと呼ばれる目標管理シートです。(実は休学ラボのイベントの際にも導入しています。)


これを使うことで、自分のやるべきことやいつまでにそれをやるべきなのかを明確化させることができます。一度自己分析をした後だとより高い精度で決めることができると思うので、ぜひ休学をしようと思っている方はトライしてみると良いでしょう。

休学経験者へのヒアリング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、これも私自身休学前に一切やっておらず後悔したことの一つとして「休学経験者へのヒアリング」があります。

というのも私の周りに休学経験者が一人もいなかったというのと、当時はツイッターなどでも休学経験について発信している人がかなり少なかったからです。

これをしっかり行うことで、上記のWCMシートや自己分析の質も高まってくると思います。

ですので、ぜひ聞いてみるのがおすすめです。

休学ラボでも休学に関しての相談はLINE@にていつでも受け付けております(リンク先LINE@の登録画面に飛びます)。また、休学ラボの体験談などを読んで、この人に話を伺ってみたいなどありましたら、教えてください

→定期的に休学ラボでは休学経験者を集めてイベントを開催しております。もし興味がありましたら参加してみてください。

休学前にやっておいてよかったなと思っていること

英語学習

やっておいてよかったことは間違いなく英語学習ですね。フィリピン留学にいく前に事前にある程度自分で学習を行っていたので、自分の目標としていた「TOEIC800点」を休学中に取得することができました。また、身につけた英語力は、海外インターンでも使うことができました。

実際、海外インターン・世界一周・ワーホリ・プログラミングなど、休学中やってみたいことの中に「英語」が必要になってくる人はかなり多いと思います。

英語力は早いウチから身につけておくことに越したことはないので、休学を決意したその日から英語学習は初めておいても損ではないでしょう。

まとめ

休学前にやっておくべきことがある程度把握できたでしょうか。

後悔しない休学をするためには、上記のことはほぼ必須だと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

\ 休学の相談など随時受付中!/

*hajime

休学に関する個別の相談は、LINE@『はじめ@休学ラボ』で行っています。
休学に関する不安、キャリアパス相談、休学⇒留学を成功させた事例紹介など何でも気軽にご相談ください。